スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tigris Prime build

tigris prime
通常版と比べ基礎ダメージが約1.5倍に
クリティカル率と状態異常率が+5%
ペレット数も2倍に超強化されたTigris Prime






ショットガン2強のうちの1つTigris Primeです
MR制限は13で数々の装備を使ってきた中級者以上でしか装備する事ができません
また取り回しに難がありダブルバレルという特殊な射撃方法になっています
その特徴はクリック押したら1発発射、離したら1発発射となっており、
マガジンも2発のため1クリック毎にリロードも1.8秒と気になるレベルで遅いです
対コーパス戦ではナリファイアが割りにくいので破壊しやすいセカンダリを持って行きたいですね

tigpbuild.png 

3フォーマビルド
状態異常率が100%になり切断異常になりやすいので基本1クリックで敵を倒すことができます
Riven Modを使用していますが代わりにVicious Spreadを使用するなら2フォーマで
Sweeping SerrationやChilling Reloadを使用するなら1フォーマで組む事ができます
火力面で見たらVicious Spread > Sweeping Serrationです

SSを見てもらえばわかりますが、Riven性質が最低ランクのため補正が弱くRiven Modを利用する価値は薄いです
火力面で見るとVicious Spread、利便性で見るとChilling Reloadの代わりにRiven Modを入れる事になります
そのため、その2つのModを上回るRiven Modを出しつつフォーマを1~2コ追加で挿す事になりますので、
はっきり言ってRiven Modは割に合いません

実際使用しているRiven Modはこちら
tigriven.png 

Vicious Spreadを少し上回ってオブジェクト貫通が付いた位で対応できる敵のレベルは変わりません
ただし、単体火力はすさまじく使う場所を間違えなければ非常に頼れる武器です

対Lv100ヘビーガンナー
tigrisp1.gif 

体感だとVaykor Hekよりも弱めの距離減衰があるので敵との距離があってもそこそこいけますが、
やはりダメージを出すには距離を詰める必要があります
tigrisp2.gif 







関連記事

Tag:Warframe TigrisPrime Build Primary 武器

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。