スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warframe オススメFrame Mod



今回はFrame Modのお話です
WarframeにおいてModは最重要項目です
そのため優秀なFrameや武器を持っていてもModがなければただの置物になってしまいます
強さの上限の低いこのWarframeにおいてModの有効性を知ることが強さへの近道です
Modには重要なもの、そうでもないものたくさんの種類がありますので今回は特に重要なものの紹介です

 

 

 

 

 

 

 

耐久力up

まずは耐久力を上げるModです
序盤から使えるようにかコモンのModは入手率が高くたくさん入手できます
そのため1つ手に入れて強化していけば被った分をEndoにしていくことで序盤のEndo不足も補えます
敵のレベルが上がるにつれて徐々に効果が薄くなり一部を除き重要度が下がっていくModでもあります
序盤ではできるだけこれらのModを入れて死なない事がミッションクリアに繋がります

Redirection

 

シールドを最大440%増加させるMod

 

シールドは時間経過で回復するため、回復手段の乏しい序盤にこそ優先すべきMod
しかし回復手段が充実してくるとシールドはFrameの装甲値の影響は受けないため重要度が一気に下がります
Modの枠不足で耐久力を上げるModを抜くならRedirectionから抜いていっていいと思います

 

Vitality

 

ヘルスを最大440%増加させるMod

 

シールドとは違い時間で回復はしませんが装甲値の影響を受けます
毒や切断異常のDoTはヘルスに直接ダメージを受けるのでRedirectionより優先度は高いです
しかしソーティレベルになると被ダメが痛く入れる意味が薄くなってしまうので、
他のModを入れた方が有用な場面の方が多くなります。枠が余っていたら入れるMod
またシールドを持たないFrameもいるのでそういったFrameはずっとお世話になるMod

 

Vigor

 

ヘルスとシールドを120%(220%)づつ増加させるMod

 

ヘルスとシールド両方を増加させるためお得に見えるかもしれませんが、コストも重く増加量が少ないイマイチなMod
優先度は圧倒的に低く持ってなくても特に困らないMod

 


入手方法は通常版がナイトメア報酬、Prime版はログイン報酬

 

Steel Fiber

 

装甲値を+110%するMod

 

装甲値を上げるためヘルスで受けるダメージの軽減率を上げる事ができます
そのためVitalityを入れているFrameなどヘルスの多いFrameでの使用が効果が高いですが、
シールドで受けるダメージは効果がないので注意が必要です

割合で装甲値を上げるため装甲値の高いFrameに恩恵が大きそうですが、
Excalibur(装甲値225)とValkyr(装甲値600)を比べると

 

 

Excalibur

Valkyr

Modなし装甲値(軽減率)

225(42.9%)

600(66.7%)

Modあり装甲値(軽減率)

472.5(62.2%)

1260(88.7%)

Mod有無での差(軽減率)

247.5(19.3%)

660(12%)

 

装甲値自体は装甲値の高いFrameがより高くなりますが、軽減率はそうでもありません
Excaliburの方が約1.5倍軽減率が上がります

 

Health Conversion

 

ヘルスオーブを拾うことで装甲値を+450するMod

 

固定値で450も装甲値を上げるので装甲値の低いFrameに非常に有効
ですが、ヘルスオーブはコンテナやロッカーからしかドロップする事がなく、
一部のアビリティと一部の武器を使って生成する事でしか拾う事ができません
使えるFrameでは非常に有用ですが、使えないFrameが多く残念なMod

 

入手先はセファロンシマリスでポイント交換のみ

 

Quick Thinking

 

ヘルスを越えたダメージをエネルギー消費する事で死亡回避するMod

通称QT


消費エネルギーは2.4ダメージ/エネルギー

死亡するダメージを受けた際にエネルギーを消費し残りヘルス2で耐えるので、かなり頑丈になります
効果を発揮する際によろけモーションが入り一瞬無敵になりますので、
その間にギアで回復することで死亡回避することができます
エネルギーが残っていないと効果がでないので注意が必要です
序盤ではコストが高い割に効果を発揮できない状況が多いため優先度は低いですが、
敵のレベルが上がるにつれて非常に頼りになるMod
Raidでは特に重要

 

入手先はVoidのコラプトエンシェント

 

アビリティ威力

アビリティでキルするFrameには入れるだけ入れたいけど、効率もあるし悩ましいアビリティ威力です
ただアビリティ威力を上げれば上げるほどいいという訳でもなく威力調整の必要なFrameも複数存在します
Mod自体入手しづらい傾向にあり、Mod強化も大変なジャンルです

 

Intensify

 

アビリティ威力を30%増加させるMod

 

損傷を受けたModを使っている場合修復などできないので入手次第交換推奨
アビリティ威力を上げる事自体が無意味なビルドやデメリットになるビルドもあるので注意
レア度が高いためかあまりみかけない

 

入手先は木星や水星のボスなど多数

 

Transient Fortitude

 

アビリティ威力を55%増加させるが、アビリティ効果時間を27.5%短縮するMod
通称TF

 

効果時間が短くなるというデメリットがFrameによって重要度が違うのでよく考えて使用したい
逆に効果時間が短くなるとメリットになるといったビルドも存在する
効果時間短縮は一応ConstitutionやContinuityで相殺可能

 

入手先はOrokin Derelictの隠し部屋

 

Blind Rage

 

アビリティ威力を99%増加させるが、アビリティ効率を55%低下させるMod
通称BR

 

非常に魅力的なアビリティ威力上昇ですが、アビリティ効率55%低下が非常に辛い
そのため優先度はTFの方が圧倒的に高い
鈍足Nova用にランク4(威力+45%)、カットTrinity用にランク5(威力+54%)を別に持っておくと便利

 

入手先はOrokin Derelictの隠し部屋

 

Energy Conversion

EnergyConversion

 

エネルギーオーブを拾った後のアビリティ威力を+50%するMod

 

アビリティ威力がデメリットなしに50%も増加するのは魅力的ですが、
エネルギーオーブを拾って次に発動するアビリティ1回分しか効果がありません
そのため連続して効果を得るにはアビリティの効果時間中に次のエネルギーオーブを拾う必要があります

うまく使えば変速Novaといった実用的なビルドも組めます
トグル式アビリティと相性がよくEnergy Conversionの効果中にアビリティを発動してしまえば
アビリティ発動中はアビリティ威力増加の恩恵を受け続けることができます


入手先はセファロンシマリスでポイント交換のみ

 

Power Drift

 

アビリティ威力を15%増加させ、ノックダウン無効30%を付与するMod

 

アビリティ威力15%増加は控えめですがエクシラス枠に入るため。威力が必要なFrameではとりあえず入れておくMod
ノックダウンを無効化した際には踏ん張るモーションが入ります

 

入手先はLuaの隠し部屋

 

アビリティ効率

できればめいっぱい上げておきたいアビリティ効率
ですが、Mod枠が足りず省かれる事もしばしば
アビリティの使用頻度を上げる事ができるので間接的に火力upになります
また消費エネルギーが減るのでエネルギー残量に余裕ができQTの発動率も上がり間接的に耐久力upにもなります
アビリティの消費エネルギーの最大効率は+75%で上限になります

 

Streamline

 

アビリティ効率を+30%するMod

 

損傷を受けたModを使っている場合修復などできないので入手次第交換推奨
特に理由がない限り必ずと言ってもいいほど入れているMod
ひょっとしたら使用率No.1のModはこれかもしれない

 

入手先は防衛、傍受などのミッション報酬やグリニア系の敵多数から

 

Fleeting Expertise

 

アビリティ効率を60%増加させる代わりに効果時間を60%低下させるMod
通称FE

 

アビリティ効率は上がりますが、効果時間が短くなってしまうため効果時間が必要なアビリティではよく考えて使用したい
特にトグル式のアビリティではFE1枚入れただけではアビリティ効率に変化がないので注意が必要
ランク4(効率50%)を別に持っているとランク4のStreamline(効率25%)と組み合わせる事で効率上限にできるので便利です

 

入手先はOrokin Derelictの隠し部屋

 

アビリティ効果時間

BuffやDebuffではできるだけ伸ばしておきたい効果時間です
効果時間を伸ばす事で再使用までの時間を延長し間接的にエネルギー効率がよくなります
またトグル式アビリティでは直接アビリティ効率に関わってくるので無視する事もできません
アビリティ効果時間を短くする事がメリットになるFrameもあるので注意

 

Continuity

 

効果時間を30%(55%)延長する事ができるMod

 

損傷を受けたModを使っている場合修復などできないので入手次第交換推奨
効果時間をデメリットなしで30%も延長するのでBuff,Debuffを使うFrameには入れたい
またトグル式アビリティの効率を改善することができます
EmberのWorld on Fire(消費エネルギー3/秒)をTFを入れた状態で比較すると

 

TF

FE

Streamline

Continuity

消費エネルギー/秒

ランク5(効率60%)

ランク5(効率30%)

0.75

ランク5(効率60%)

ランク5(効率30%)

×

2.4

ランク4(効率50%)

ランク4(効率25%)

2.4

ランク4(効率50%)

ランク4(効率25%)

×

3.33

 

消費エネルギーに4倍以上の差が出てしまいます
アーセナル上ではどのパターンでもエネルギー効率は175%で表示されるため注意が必要です
トグル式アビリティのエネルギー効率のためにも重要なModです

 

入手先は土星のボスやドレーカルヘビーガンナーなど
Prime版はBaroKi'Teerから

 

Constitution

 

効果時間を28%延長させノックダウン復帰速度を40%早くするMod

 

ノックダウン復帰速度はおまけ
効果時間延長できるModは数が少ないため28%という控えめな数字でも使いみちはあります
ただしコストも重く効果も控えめなので効果時間を延長するModの中で優先度は一番低い

 

入手先はナイトメア報酬

 

Narrow Minded

 

効果時間を99%延長させるが効果範囲を66%狭めるMod

 

効果時間が必要なアビリティは効果範囲も必要なものが多く効果範囲減少がものすごく痛く使いづらい
効果範囲が必要ないアビリティやNovaのMolecular Primeなどで有用です

 

入手先はOrokin Derelictの隠し部屋

アビリティ効果範囲

なにものにも代えがたい効果範囲を広げるModです
その効果はすさまじく一部を除きほとんどのアビリティに有効で、
特にCCアビリティには必須で広げれば広げるほど効果がでるものが多いです

 

Stretch

 

アビリティ効果範囲を+45%するMod

 

デメリットもなく45%も範囲が広がりとても使いやすい
Mod自体も入手しやすく気が付いたら持っているレベルで手に入る

 

Overextended

 

アビリティ効果範囲を90%広げる代わりにアビリティ威力を60%低下させるMod
通称OE

 

個人的に一番壊れた性能だと思っているMod
特に効果範囲が必要になるCCアビリティではダメージを与えてしまうものも数多くあり、
アビリティ威力低下は敵を倒さずに拘束し続けれるためメリットになる場合が多い
等速Novaためにランク2(アビリティ威力-30%)を別に持っておくと便利
アビリティ威力を下げたくない場合はTFでほぼ相殺できるため、うまく組み合わせて使いたい

 

入手先はOrokin Derelictの隠し部屋

 

Cunning Drift

 

アビリティ効果範囲を15%広げ、スライディングに加速を追加し摩擦を低下させるMod

 

効果範囲15%は少ないと思うかもしれませんが上記2つのModと合わせる事で高い効果を発揮します
効果範囲25mのアビリティだと約4mほど延長され、面積で言うと1,400平米ほど広くなります
アビリティ効果面積を約1.2倍にするのであなどれません
逆に単体ではコストもStretchと同じな9なのに効果範囲+15%と少ないので効果範囲目的で使用するものではありません
エクシラス枠に入るので効果範囲が必要なFrameでは入れておきたいMod

 

入手先はLuaの隠し部屋

 

便利系Mod

文字通り入れているとなにかと便利になるModです
枠があまっていたら入れたいくらいの優先度ですが、一部は枠を作ってまでいれたくなる効果のものもあります
Frameによって便利さに差が出るのでよく考えて使いましょう

Flow

 

最大エネルギーを150%(275%)増やすことのできるMod

 

割合で増やすためFrameによって差があり、Excaliburだと150→300、SarynPrimeだと300→600となってしまう
最大エネルギーを増やすだけでエネルギー効率は変わらないためアビリティを使いまくれるようになるわけでもないので注意
エネルギーがまんたんで落ちているエネルギーオーブが拾えない状況が解消されるModです。重要度は低め

 

しかしエネルギー回復手段を持つようになると回復するエネルギーを貯めれる容量が増えるため
必須レベルの重要性を持ちます。

ただし、Energy Siphon位だとエネルギー回復が全然足りませんが、
ZenurikのOverflowやアルケインエナージャイズを使うことでエネルギーを常に余裕のある状態にしておけるので
アビリティ連発も可能になり
またQuickThinkingで使えるエネルギーを残しておけるので間接的に耐久力を上げる事ができます

 

Frame ModでのPrime版はContinuityとこのFlowの2種類だけですが、優先度はContinuityの方が上です
Flowの場合は通常版でできなかった事がPrime版でできるようになる事はないので強化するのは後回しでいいでしょう
ただしHek Raidに行くのであれば話は変わりPrimed Flowを使うことにより

爆弾運搬の確実性も上がるのでPrime版も必要になってきます

 

入手先は通常版がグリニアのガードマンやブッチャー等多数から
Prime版はBaroKi'Teerから

 

Natural Talent

アビリティ発動速度を50%加速させるMod

 

単純にアビリティの発動モーションが速くなります
発動時間を短縮させるのではなく、発動速度を50%加速させるので発動時間は2/3の速度で発動します
重要なアビリティの発動が遅いFrameには有用ですが、枠が足りない場合が多くなかなか入れれないMod
エクシラス枠に入れれば随分違った評価になったと思います

 

入手先はG3など

 

Rage


 

ヘルスに受けたダメージをエネルギーに変換してくれるMod

 

シールドに受けたダメージは変換してくれないので注意
他のModと組み合わせる事で効果を発揮するModで少なくともVitalityとは一緒に使いたい
ヘルスで耐えるダメージを多くすることでたくさんのエネルギーを得る事ができます
ダメージを軽減する効果はないのでヘルス回復の手段が必要です

 

入手先はグリニアのナパームなど

 

まとめ

今回紹介したものはどれも重要なModばかりです
幸いすべてが現在手に入るModにしか重要なものはありません
プレイしていればそのうち手に入るModがいくつもありますが、
取りに行かないと絶対に手に入らないModも含まれています
はじめにも書きましたがModがないとFrameもただの置物になってしまうので
持っていないModがある場合まずは集めに行きましょう

またデメリットのあるODModは組み合わせを間違えるととんでもない事になってしまいます
他にも組み合わせ次第で効果を発揮するModなどありますのでよく考えてビルドを組みましょう




 
 
 
 
関連記事

Tag:Warframe オススメ Mod

- 2 Comments

TENNO  

こんにちは。最近始めていろいろ調べててここにたどり着きました。どんなmodが重要なのか知ることができてとても役に立ちました。しかしcontinuityの項目に載っているworld on fireの秒間消費の表の2行目の数値は間違っているような気がします。
3*(2-1.9)/0.125で秒間消費は2.4だと思うのですが、私の勘違いでしょうか。

2018/01/12 (Fri) 08:00 | REPLY |   
ISM">

ISM  

Re: タイトルなし

間違って記載していたようで申し訳ありません
修正しました

2018/01/31 (Wed) 22:17 | ISMさん">REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。